【ありふれた職業で世界最強5話感想】大迷宮ついに攻略!?彼が目を覚ました先には・・・

漫画・アニメ

頭が6つあるドラゴン「ヒュドラ」を無事に倒すことができた南雲ハジメとユエ。

激闘の末、彼らはその場で深い眠りへと就いてしまいます。
南雲ハジメが目を覚ますと、そこには衝撃的な光景が!?

一体彼の身に何が起こってしまったのでしょうか?

今回は「ありふれた職業で世界最強」第5話の感想をお話していこうと思います。

スポンサードリンク

ありふれた職業で世界最強・5話あらすじ

第五話 反逆者の住処

ヒュドラとの戦いで気を失ったハジメは、見知らぬ場所で目を覚ます。

ユエに尋ねると、戦闘後、「反逆者の住処」と呼ばれる場所への扉が開いたのだという。

二人は地上への道を探すため、辺りを散策し始める。

一方、訓練を経て強くなった香織たちは、ハジメを失ったオルクス大迷宮65階層に到達し――。

ありふれた職業で世界最強アニメ公式サイトより
スポンサードリンク

物語が大きく動き始める!?

第5話の総合的な感想としては物語が大きく動いたターニングポイントの内容だったと思いました。

この先の展開がかなり気になる要素が盛りだくさんでしたね。

それともう1つ気になったのが、刺激的なシーンが多すぎる!笑
男性陣にとってはウフフなシーンでもありましたが、少しベクトルがそちらに偏りすぎたかなという印象も受けました。

物語を純粋に楽しみたい人にとってはちょっとストレスの溜まる印象も受けました。

前半の感想

いきなり見たこともない豪華な屋敷のシーンから始まります。
「見るアニメ間違えたかな?」と、ここで混乱(笑)

そして深い屋敷の外にあるベッドで寝ている南雲ハジメ。
「間違ってはいないようだけど話数を間違えたのかな?」と、2度目の混乱(笑)
このアニメは本当に内容を飛ばすのが好きですよね(笑)

彼も目を覚ますと自分の置かれている状況を理解できていない様子。
そりゃあさっきまでドラゴンと戦って地面で寝ていた訳ですからね…。

体を動かそうとすると手に何やら柔らかい感覚…。
枕に埋もれていた目線を横に移すと抱き合うように眠っているユエの姿が。

彼が握っていたのはユエのお尻で、しかも互いに丸裸。
もう訳ワカメ(笑)

さすがに動揺を隠しきれない南雲ハジメはユエの肩を強く揺するが全く起きず。
そして動揺が怒りに変わって「変態吸血鬼!」と叫びながら電撃を浴びせるのでした(笑)

ようやく起きたユエに南雲ハジメはここはどこかと問い詰める。
既に迷宮を脱出しているのかと思いきや、ここが「反逆者の住処」だそう。
この場所まではユエが運んでくれたようだ。

着替えを済ませると2人は本拠地である反逆者の館周辺を捜索することに。
外には温泉があったり、館内にはキッチンがあったりなど風変りない普通の館、かと思いきや部屋の扉に封印がされていては入れない場所があったりなど少し不気味な一面も。

館は3階建てになっており、1~2階までの探索が終わっていよいよ最終階。
3階は大広間しか存在せず、広間中央には巨大な錬成陣、そして奥には王座に座る朽ち果てたガイコツが…。
リアルだったらかなりのホラー映像ですよね(笑)

南雲ハジメは意を決して錬成陣の中に入ります。
すると錬成陣は赤色に発光。
同時に彼の頭の中でこれまでの出来事が走馬灯のように押し寄せてきます。

そして目を開けると目の前のガイコツから幽霊がらしき人物が浮かび上がってきたのです!
しかし彼からは悪党という印象は受けず、優しさすら感じてしまう顔立ちをしていました。

彼の名は「オスカー・オルクス」と言い、迷宮を造った張本人。
そして幽霊として現れたのではなく、記録映像のようなもので映し出されているから質疑応答はできないと説明すると、南雲ハジメに 「この世界の本当の真実」 を語り始めるのでした。

その頃、大迷宮で実践訓練をしているクラスメイト一行は前回の訓練で失敗した65階層まで到達。
ベヒモスと対峙した一本橋に差し掛かると巨大な陣が出現。
南雲ハジメと一緒に奈落の底へ落ちたはずのベヒモスが再度召喚されたのです。

クラスメイトを指揮する将軍は撤退を指示しますが、彼らは戦うことを選びます。
はたして勝利することができるのか。
ってか一本橋で戦うの危ないからやめません?汗

後半の感想

クラスメイト一行は天職が勇者である天之河光輝の指示の下、 ベヒモスとの戦闘を開始する ことに。
その適切な指示に将軍も思わず称賛。
いや、褒めてる場合じゃないでしょ(笑)

序盤はやはり苦戦を強いられるものの、各メンバーが最高のパフォーマンスを発揮して最後は天之河光輝の奥義で見事ベヒモスを倒すことに成功!
喜びを分かち合うと再び迷宮の奥へと進むのでした。

前回の逃げ一択だった頃と比較すると全員が格段と成長していることがわかるシーンでした。
約1名を除いてですが(笑)

ところ戻って反逆者の住処。
オルクスは自身の能力を南雲ハジメに授けると伝えると目の前から消えます。

それと同時に南雲ハジメが苦痛に襲われます。
彼が言うには脳裏に何かが刷り込まれていく感覚だそう。
しかしそれは一瞬で終わります。

そして唐突に神と反逆者について呟きだしたのです。
オルクスが力を与えると同時に南雲ハジメの脳内に世界の真実を刷り込んだのでしょう。
そして南雲ハジメもその真実を知ってしまったのではと思います。

正直なところ、「その場で直接教えてくれてもいいじゃん。」と思いました(笑)
しかしそんな衝撃的な真実を知ってもなお、南雲ハジメの故郷へ帰るという決意は揺らぐことはありませんでした。

彼はオルクスから貰った能力をユエも貰った方が良いのではと提案します。
…そういうシステムなの?笑
先着1名様とかではないのか(汗)

ユエの能力取得が終わると再び捜索を開始。
すると巨大な錬成陣が地上へのゲートだということが判明!
さらに故郷へ帰る糸口も見つけることができました。

すぐにでも地上に戻るのかと思いきや南雲ハジメはユエに真剣な面持ちで、当面この館に居座ると告げます。
オルクスの知識や道具など、学べることが多いことが分かったからです。

そしてその日の夜、彼は温泉に入りくつろいでいると……。
…あとはお察しの通りです(笑)

それから時が過ぎ、オルクスの知識や力を全てマスターした彼らは車やバイクを錬成することも可能に(笑)
それくらい出来るなら故郷へ帰る装置くらい作れそうな気が…笑

全ての準備が整った彼らは再び巨大な錬成陣の中へ。
2人の想いを確かめ合うと眩い光と共に、地上へと旅立つのであった。

地上に出て彼らがすること

今回、南雲ハジメが冒険した大迷宮とは別に他の大迷宮も複数存在します。

そしてその大迷宮ごとに反逆者(解放者)も存在するようなので、その連中からオルクス同様に能力を与えてもらい、故郷へ帰る方法や能力を手に入れるという旅に出ることになると思います。

スポンサードリンク

声優の紹介

第5話で活躍した声優さんを紹介したいと思います!
※既に紹介済みの声優は除く

「寺島拓篤」オスカー・オルクス役

生年月日1983年12月20日
事務所アクセルワン
活動期間2005年~現在に至る
代表作品創聖のアクエリオン(アポロ / アポロニアス)
転生したらスライムだった件(三上悟)
魔法科高校の劣等生(西城レオンハルト)

男らしい勇敢な声や女性を虜にしてしまうような魅惑的な声など自由自在に操れる声優界のエース的存在です。

声優以外にも歌手としても活動しています。

今回のオルクスの優しい声も天晴としか言いようがありません!

「柿原徹也」天之河光輝役

Zynchroより
生年月日1982年12月24日
事務所Zynchro
活動期間2003年~現在に至る
代表作品天元突破グレンラガン(シモン)
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST(ケイン・フュリー)
FAIRY TAIL(ナツ・ドラグニル)
あんさんぶるスターズ!(明星スバル)

2007年頃から毎年必ず誰もが知っているアニメタイトルのキャラクターを演じている声優界のスーパースターです。

故に柿原さんの名前を知らない人でも登場キャラクターの名前を言えば知っているという人が大勢いると思います。
それくらい声優界には必要不可欠なお方でしょう。

スポンサードリンク

さいごに

地上に脱出することがやっとできました!

これによってよりストーリー展開が面白くなることを期待したいですね。
ところで吸血鬼は日光に弱い印象がありますがユエはその点は問題ないのでしょうか…。
太陽に光に照らされた途端、灰になって…なんてことになったら大問題ですよね(笑)

それと第5話は刺激が強いシーンもたくさんありました(笑)
今回伝えきれていないムフフなシーンもたくさんあるのでご注意ください…。
個人的には正直不要なシーンです(汗)

声優さんの紹介もチラホラしていますが、冷静に見直すとスター声優さんがかなりいることに驚きました!
話が進んでいくにつれて登場キャラクターが増えてくる可能性もありますので、そういったポイントも今後の楽しみにもなりそうです!

第5話まだ観ていない人はぜひご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました