コロナウイルス注意喚起文はどれが本当なの?対策を考えよう!

エンタメ・ニュース

中華人民共和国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス感染症
テレビでもインターネットでもSNSでも、その話題で持ちきりですよね。

なかでも注意喚起文がたくさん飛び交っていて、
いったいどれが本当なのか混乱されている方も少なくないのではないでしょうか?

私もその一人です。
今回はそんな注意喚起文について、お話したいと思います。

スポンサードリンク

コロナウイルス注意喚起文はどれが本当なの?

こちら武漢のウイルス研究者が発表したということで、
かなりのリツイート数があったコロナウイルスは熱に弱いといった注意喚起文。

しかし26度から27度で死滅するというところに、
よくよく考えると疑問が。

人間の平均体温は36℃。
それを下回る温度ではたして死滅するのでしょうか…?

と、疑問に思っていたらやはりデマだった様子。
(こちらでは36度~37渡になっていますね…)

こういった問題の時は、どうしても信じてしまいそうになるかと思いますが、
今一度冷静になり、無闇に拡散しないほうが賢明なようです。

トイレットペーパーが品薄に

ここ数日、SNSで「マスクとトイレットペーパーの原料は同じ」という内容が拡散したことにより、スーパーなどからトイレットペーパーが消えました…。

こちらもなんとデマ情報ということで、
業界団体や政府は「在庫は十分にある」と呼び掛けています。

詳しくは朝日新聞のHPなどをご参照ください。

基本的な手洗い・うがいなどで対策を!

無闇にSNSの情報を鵜呑みにせず、
まずは基本的な手洗いやうがいで自己予防を…!

そして情報は厚生労働省などでチェックするようにしましょう。

スポンサードリンク

コロナウイルス注意喚起文はどれが本当なの?:まとめ

そのほかにもたくさんの情報が飛び交っているかと思います。
しかし今回ご紹介したもののように、主にSNSが発信の場合は嘘の情報のほうが多かったりします。

もちろんすべてが嘘情報だとは言い切れませんが、
上記にも記載したとおり、情報はちゃんとした場所で見る、
調べるに越したことはないでしょう。

変な情報に踊らされて、思っても見なかったことになってしまった!
などあったら本末転倒、元も子もないですからね…っ。

日々の体調管理(睡眠をとる・食事をしっかりとる等)から
気をつけて参りましょう。筆者も気をつけたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました