【フルーツバスケット19話感想】りっちゃんついに現る!

漫画・アニメ

前話では寅年の杞紗が登場しましたね。
いじめ問題や、それに立ち向かう姿、
いろいろ思うところがたくさんあったお話でした。

さて。今回の19話も新キャラクターの登場のようです!
なんと、新キャラクターはあの人の―!?

スポンサードリンク

フルーツバスケット19話あらすじ

第19話「ごめんなさいーっ」

満が原稿を受け取りに来た。が、家には誰もいない様子。
電話をすると紫呉はたこ焼き屋にいると言うので、満は猛スピードで去っていった。

そこへ透が帰宅。玄関の前で荷物を散乱させている和服の人が目に入る。
咄嗟に拾うのを手伝うと、その人は「ごめんなさいーっ!」と頭をおさえて絶叫!

その仕草から透はハッとして……。

アニメフルーツバスケット公式サイトより

草摩利津役の声優「河西健吾」

生年月日 1985年2月18日 34歳
事務所マウスプロモーション
活動期間2006年~現在に至る
代表作「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」三日月・オーガス役
「3月のライオン」桐山雫役
「超可動ガール1/6」冠成次郎

ついにきました、りっちゃん…!!
原作ではお馴染みの‘あの’激しさを、いったいどのように演じてくださるのか!

実は私、りっちゃんは女性声優さんかな?と、思っていたんです。
それがなんと、男性が演じると…!!

どこからどう見ても可愛い女の子なりっちゃんを、
河西さんがどのように演じられるのか。

とっても楽しみです!

☆放送後☆
思っていたよりもお声が高くて、びっくり…!!
少しハスキーな女性と言われたら、納得してしまうかもしれません。

それにしても、りっちゃんは非常によく叫ぶので、
女将さんも大変そうでしたが、その倍大変そうでしたね…(笑)

すごかったです、河西さん!

スポンサードリンク

草摩利津(りっちゃん)登場

紫呉の恒例の担当いじめから始まる、19話(笑)
電話をすると「たこ焼き屋にいる」と言われるみっちゃんは、
猛スピードでたこ焼き屋に向かって去って行く…。
結局居留守を使われているとも知らずに…紫呉ェ。

そこへやってきた利津。
が、手土産の袋の底が見事に破け、本が散乱!!

と、またちょうどいいところに学校から帰宅した透が。
とっさに拾うのを手伝うと、利津は突然、

ごぉおおめえええんんなあああさああいいいいい!!

この大絶叫を聴いて、透ははっとする。
女将と同じだ―と。そして利津だと気づいた透に、
再び利津は大絶叫するのでした。

本当に、河西さんの大絶叫が素晴らしいのなんの。

透に挨拶しに来たりっちゃん

りっちゃんの作画が、大変綺麗です。はい。

紫呉はだれかをからかうことが本当に好きなんでしょうね…
みっちゃんだけでなく、りっちゃんのこともからかいまくり。

そのたびに大絶叫し、謝るりっちゃん。すごい絵だ。

「なんでうちに来たの?」

りっちゃんは、ほかの十二支がすでに透に会っているということを知り、
自分も挨拶をせねばということでやって来た、とのことでした。

律儀だ。

由希をキレさせるりっちゃん

りっちゃんたちが話している途中で帰宅をした由希。

いるとは思わなかったりっちゃんを見て、
「どうして利津が?」と、まぁ聞きますよねという質問に、
またしてもりっちゃんは大絶叫。本当に何回絶叫するんだろう(笑)

しかし、紫呉に「すぐに謝らないようにする」と、
約束をしていたりっちゃんは、透の声にはっとし、
気を取り直して由希に言います。

「綾女に似てきた」と。

一気に由希の温度は氷点下に。
言ってはいけない、最大の禁句とも言える言葉でした…。
(しかしこの氷点下由希はなかなかに良い作画)

最後に帰宅したのは夾。
ここでもりっちゃんは、禁句を言ってしまいます…。

「由希と夾、仲良くなってよかった」と。

2人はハモッて「仲良くない!」と言いますが、
もうこれは十分に仲の良い領域だと私も思います。はい。

スポンサードリンク

りっちゃんは男!?

着物ですし、すごい美人さんですし、
そりゃあ透も女性だと勘違いして当然なりっちゃん。

しかし彼女…いえ「彼」は、なんと、男性だったのです。

家から飛び出そうとしたところを透に抱き止められた瞬間、
りっちゃんはお猿さんに大変身。

原作でも思ったのですが、りっちゃんは日本猿とかではなくて、
なんだろう、眼鏡猿じゃなくて、いますよね。
(調べましたが、名前がわかりませんでした…)

女装していると落ち着く

りっちゃんが女装をしている理由は「落ち着くから」

なんとなく神楽の家で女装した時に、
そう感じたらしいりっちゃん。

このあたりはだいぶ原作と流れが違い、
オリジナルがちょこちょこ入っていましたね。

しかし、うん、いいんだ。
女装でもなんでも、私もいいと思う派です。
とくにりっちゃんは、似合ってるもんね。

スポンサードリンク

誰もが生まれた理由を探している

自らを嘆いてなんと屋根に登ってしまうりっちゃん。
お猿さんだから身のこなしがすごいっぽい。

しかし原作では着替えていましたが、着物のまま登るってすごい(笑)

なんのために生まれてきたのか?
自分なんていなくてもいいなどと言うりっちゃん。

そこへまさかの透までもが屋根に…!!

そして誰もが最初から生まれてきた理由なんてなくて、
誰かに言ってもらえてはじめてわかったりもして。
と、一生懸命りっちゃんを説得します。

ここのシーンの今日子さんが、またジーンときました…。

と、そこで透が足を滑らせ屋根から落ちそうに…!!?

って、ええええええええええ!!!
透、瓦に捕まって持ちこたえるとか強すぎないか!?
さすがに突っ込みました(笑)

これ、原作ではりっちゃんが落ちそうになるけど、
お猿さんだからひょいって登れるってやつだったのに、
まさかすぎる展開でした。

作画もなんだかちょっと透、ゴツかった…(笑)

終わりに

新キャラクター、りっちゃん登場回でした!
綾女に続く、強烈なキャラクターですよね(笑)

りっちゃん、綾女に憧れているみたいで、
紫呉には無理だと言われていましたが、
強烈さでは負けていないと思います、うん。

りっちゃんとみっちゃんがお友だちになったりと、
最後の最後はほっこりで終わりました。

で。で。で。
次回予告を見るかぎり、またも新キャラクターが!?
続々登場していきますね…!

恐らくあの十二支だと思うので、また楽しみです!

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました