【フルーツバスケット22話感想】花ちゃんと透の出会い

漫画・アニメ

前話では花ちゃんの家に素子先輩’sがやってくる、といったお話で、
ある意味花ちゃん回でしたね。
しかし、魚ちゃん回のような透との出会いのお話ではなかったので、本番はこれから。

そう。今回こそが真の花ちゃん回なのです。
本誌で読んだときは、号泣しまくったこのストーリー。

花ちゃんの電波って本当なの?
いったいどういうものなの?
いつからだったの?
透たつはいつ知ったの?

すべてが明らかになるはず。

スポンサードリンク

フルーツバスケット22話あらすじ

第22話「だって嬉しかったのよ」

人の心の声、所謂“電波”を受け取ることができる花島。
しかし、幼い頃はコントロールすることが難しく、頭に響く声に苦しめられていた。

家族に迷惑をかけたくないと小学生の時から他人と距離を置くも、
周りからは「魔女」と呼ばれてイジメられる日々。

それがエスカレートしたことで、とある事件が起こってしまい……。

アニメフルーツバスケット公式サイトより

スポンサードリンク

人の心の声が聴こえる花ちゃん

幼い頃から人の心の声が聴こえてしまっていた花ちゃん。
すれ違う人、その辺にいる人、周りすべての人の声が、
花ちゃんの意志とは関係なく聴こえてくる…。

これがいったいどれだけ苦しいことなのか、は、
正直想像することも難しいのですが、
つまりはひたすら周りが五月蠅い、ずっと話している、
騒音の中に永遠といるような感覚…ですよ、ね。

そう考えるとものすごくつらい。

花ちゃんの家族は花ちゃんのことを理解してくれて、
精一杯助けようとしてくれていたことが、幸いですね。
これで家族にまで嫌なこと言われてたら、あまりにもつらすぎる。

小・中・高って、なんだかこういうイジメ多かった印象がありますね。
私もイジメられていた側なのですが、言葉汚いですが「クソ負けず嫌い」だったので、
不登校などには一切ならず、むしろ立ち向かっていったタイプでした。

もちろん嫌な思い、怖い思いもたくさんしましたが、
イジメる側は結局は自分より「弱い」相手しか狙わないので、
気づけばイジメは終わっていましたね。

けど、花ちゃんのはちょっと特殊。
本当に「力」がある花ちゃん。
花ちゃんのときはどうすればよかったのかな……

あぁ、早くきて、透くん、魚ちゃん。
と、思わずにはいられませんでした。

つい妄想にふけっていると・・・

かなりの余談ではあるのですが、
私は花ちゃんのような力を持っている人、
きっといるんじゃないか、と思っている派で。

たまに電車とかで妄想にふけることがあるのですが(笑)
そういうときに「はっ」としちゃうんですよね。

もし、いま、このどこかに心が読める人がいたら!?って。

そんなときはつい「い、いまの設定でいくか」とか、
小説とかの設定を考えてましたよ風に誤魔化したりしちゃってます(笑)

きっと本当にどこかにいらしたとしたら。
絶対バレバレですよね!!はずかしい!

スポンサードリンク

今思うと引っ越して大正解

「魔女」と呼ばれ続け、給食の中にイモリ(ヤモリ?トカゲ?)を入れられ、無理やり食べさせられそうになる花ちゃん。
さすがの花ちゃんも怒りがMAXに到達してしまい、ついあることを念じてしまいます。

すると、花ちゃんをイジメていた男の子が急に倒れ、
そのまま病院へ……
命に別状はなかったものの、原因は不明とのこと。

花ちゃんはそれは自分が「思って」しまったから、と、
自分を攻め続けます。

そんな花ちゃんを見ていられなくなった両親は、
引っ越しを決意し、花ちゃんも別の学校へと転校することになったのでした。

いやー…本当に家族が温かくてよかった。
弟の恵くんもね、花ちゃんのために祈ってくれましたからね。
原作を読んでいた際の、唯一の救いでしたよ、読者側も。

透と魚ちゃんにやっと出会えた中学校

転校した先で花ちゃんは透と魚ちゃんに出会います。
2人の温かさに触れ、花ちゃんも自然と心を開いていき、
3人はいつも一緒にいるようになりました。

この頃もまだきっと「声」は聴こえていたであろう、花ちゃん。
でも、透や魚ちゃんの「声」は「優しい」ものだったんでしょうね。

よかったねぇ…花ちゃん…。

スポンサードリンク

力が2人にバレてしまった・・・!

ある日。
噂で花ちゃんに「毒電波」というものがあると知ったクラスメートが、
いきなり花ちゃんにそれを聞きにきます(なんでわざわざ!ってほんと思う)

そこで花ちゃんはふたたび黒い感情を思い出してしまい、
聞きに来た一人が突然の頭痛に襲われたことにより、
力は本当だった!?となってしまい……

思わず逃げ出す花ちゃん。
それを慌てて追いかける透。

そんな透を自分に近寄ってはいけないと制する花ちゃん。
けれども透は、優しく、必死に花ちゃんに語り掛けます。

一緒にいたいのだ、と。

透にとって力があろうがなかろうが、
花ちゃんは花ちゃんなだけ。
唯一無二の存在(友達)だったんですね。

そして、魚ちゃんの「お前はどうなんだ」という言葉に、
花ちゃんも涙して「一緒にいたい」と言います。

ここで泣くなと言うほうがおかしい!!

終わりに

魚ちゃんのときほど、今日子さんの出番はなかったのですが、
それでも今日子さんの言葉は相変わらず絶大でしたね。

夕陽が「きれい」だと言う姿…美しいです。

透、魚ちゃん、花ちゃんの出会いのお話。
いつ、何度読んでも涙したお話。
アニメの力はすさまじかったです…アニメで観られてよかった。

ぜひまだ22話を観られていない!という方は、観てみてくださいね!
それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!

フルーツバスケット22話を見逃した方はU-NEXTで!

31日間無料トライアルができるU-NEXT。
アニメの配信も数多くあり、大変おすすめです!

フルーツバスケット以外にも見逃してしまった!
気になるアニメがある!という方はぜひ、U-NEXTへGO!

コメント

タイトルとURLをコピーしました