【フルーツバスケット2ndシーズン1話感想】素子先輩の恋の行方は?

2020年4月新番組(春アニメ)

2020年4月6日よりついに始まった「フルーツバスケット2ndシーズン」
楽しみにしていた方も多かったのではないでしょうか?

2ndシーズンはいったいどこからどこまで放送するのか?
どのようになっていくのか?
いろいろ気になるところだらけですが、まずは記念すべき第1話をみていってみましょう!

スポンサードリンク

フルーツバスケット2ndシーズン第1話感想:あらすじについて

第1話「お久しぶりです」

『プリンス・ユキ』の会長である皆川素子は、由希が率いる新生徒会役員のメンバーを探っていた。
メンバーの中に女性がいて、由希に不埒な行為を働いたらと心配でたまらないらしい。

一方、竹井に呼び出され進路指導室を訪れた由希は目を見張る。
室内が滅茶苦茶に荒らされていたのだ。そこでは、女性がうずくまっていて……。

フルーツバスケット公式サイトより

1stシーズンの時にもアニメ化初のエピソードはいくつかありましたが、
2ndシーズンからは、初エピソードだらけ!

動く真鍋と真知に感動間違いなしです!!

プリンス・ユキの素子先輩大活躍

なるほど、ここを先に持ってきたのね…!

でも確かに1stシーズンでは、
真鍋と真知のシーンを先に入れて、
このエピソードはまるっとなかったですもんね。

というわけで、1話はプリユキの素子先輩が大活躍。
そして実は八百屋の娘ってオチ(?)が可愛すぎる素子先輩。

恋は盲目とはよく言うけれど、
素子先輩の気持ちは恋したことのある女子なら、
わかりすぎて痛いですよね。


出会った頃は笑わず、クールだった由希。
それなのに、いつの間にか柔らかく笑うようになっていた。

それは自分以外の女の子の影響。

余裕があれば。
余裕さえあればこんな状況でも嫉妬せずにいられるのだろうか。

・・・私は無理だなぁ(笑)

真鍋と真知が動いてる!!

きました、きました、真鍋と真知!!

動いてる~~~!!
喋ってる~~~!!!

と、語彙力がなくなるほど嬉しかったですね。

個人的に声のイメージはそこまでなかったのですが、
真知はぴったりきました。ビビッと。

江口さんの真鍋も真鍋真鍋していて最高でしたね(笑)

うん、うるさい(笑)

この2人の影響もあって、
さらに由希は変わっていくので、

やっぱり人間、環境って大事ですよね。

そんな由希の変化にも、今後注目ですぞぞぞ。

透と夾は・・・?

残念ながら、あまり出番がありませんでしたね…。

いえ、今回のエピソードなら致し方なし。

それでも、紫呉さんと夾のこのシーンが、
観られたので私は満足です(笑)


紫呉さんや。
気持ちはわかるのだけれど、

このじれったさが、いいんやで(笑)

スポンサードリンク

フルーツバスケット2ndシーズン1話感想:まとめ

いやー・・・
やっぱりフルバはいいなぁとなった1話でした。

OPもEDもよかったですね!
個人的にはEDが好みかも。

あの影のようなステンドグラスのような、
なんとも言えない演出が綺麗すぎました。

夾と猫のやつは、思わず切なくなった……。

そんな1話。
素子先輩は諦めません。
決着がつくまでは。

2話からまたお話が動き出すと思うので、
楽しみですね!

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました