【フルーツバスケット2ndシーズン4話感想】潑春がリンに振られて大暴れ!?

2020年4月新番組(春アニメ)

前話では、ある意味フルバキャラ最強な方の再登場でしたね!
それにちなんで新キャラクターであるメイドまで(笑)

なんだか画面が濃い感じの3話でしたが(笑)
それに続く4話はいったいどんなエピソードなのでしょうか?

少々感想が遅くなってしまいましたが、いってみましょう!

スポンサードリンク

フルーツバスケット2ndシーズン第4話感想:あらすじについて

第4話「ふられたんだぁ・・・・・」

透たちの教室に「大変なのー!」と紅葉が駆け込んできた。
潑春がブラック化して暴れているという。

かなり重症なブラックのようで、様子を見に来た透も巻き込まれそうに。
それに怒った夾と潑春の大喧嘩が始まりかけるも、繭子が現れて事態は収束。

だが潑春がどうしてキレたのか……心配になった由希は潑春の後を追いかける。

フルールバスケット公式サイトより

まさかの4話にこのエピソードがくるとはぁああ!!
予想がはずれてしまいました…。

個人的にこのエピソードは、
「潑春」というキャラクターがよく出ていて、
とても好きだったりします。

潑春が教室で大暴れ!?

修学旅行の話で盛り上がっている(?)ところに、
紅葉が「大変なのー!」と駆け込んでくるわけですが、

つい紅葉も修学旅行に行きたい!と、
本題を忘れてしまうのが可愛いですよね(笑)

いや、本題めっちゃ大事なんですけどね!!(笑)


潑春が教室で大暴れしていると聞き、
それを早く言わんか!と慌てて駆けつける一同。

窓ガラスは散乱してるわ、机や椅子は倒れてるわ、
とんでもないことに…。

これにはクラスメイトもびっくりですよね。

(私も学生時代にあったなー…似たような事件)


ここ。
ここですよね。

夾が「透」呼びで庇うんですよ。
最高ですよね。

由希はそんな夾に対し、
少し思うことがあるような表情をしますが、

これもだんだんとわかってくるのです。
楽しみ。

恋人であるリンに振られた潑春

潑春の様子が気になり、
由希が後を追うっていうのがいいですよね!

透ももちろん心配していましたが、
紅葉曰はく、由希が一番適任だと。

牛と鼠ということもあってか、
この2人は少し特別な関係ですよね。


由希にだけ少し素直になれる潑春。
リンに振られたと話す潑春は、
本当にリンのことが大好きなんだなぁと。

由希自身の成長へと繋がった!

結構な惨事ではありましたが、
このことによって由希は思いきって草摩本家へと出向くんですよ。

潑春の家に行くために。
潑春に会いに行くために。
潑春の様子を見に行くために。

門をくぐろうとしただけでも、
フラッシュバックする過去。

それでも負けじと進む由希。


一方の潑春は、謹慎中なのに家に来てくれた由希が嬉しくて、
ツーショット写真撮るという(笑)

天然なようで、実は一番人のこと、
そして周りをよく見ているのが彼ですよね。

スポンサードリンク

フルーツバスケット2ndシーズン第4話感想: まとめ

潑春をメインに描かれたエピソードでしたね!
あとは由希の勇気、成長への第一歩!

フルバはそれぞれのキャラクターに物語がしっかりとあり、
しかも本当に細かく丁寧に描かれているので、

どのキャラクターへも愛着が沸くんですよね。

はたして潑春はリンとよりを戻すことができるのか―!?
そもそもリンが潑春を振った理由って!?

そんな次回5話はついにあの人が登場!!

それでは、ここまでお読みくださりありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました