【フルーツバスケット2ndシーズン6話感想】由希の作画が神ががっていた!

2020年4月新番組(春アニメ)

うおちゃんと紅野の運命の出逢い、再会から話は再び透たちへ。

この回が放送した5月11日は、まさに夏か!?
というくらいな気温でしたので、水着回に持って来いでしたね!(?)

まともや動く影。紫呉がなんか怪しい―!?

スポンサードリンク

フルーツバスケット2ndシーズン6話感想:あらすじについて

第6話「馬鹿かい?君は」

突然、草摩の別荘へ避暑の旅に行こうと紅葉が言い出した。
ほかの十二支の皆も誘っているようだが、透は夏休みの宿題が終わっていなかった。

由希は透の部屋で宿題の手助けをするも、棚の上に置かれた子供用の帽子が気になってしまう。
その帽子は、迷子になった幼い透を助けた男の子が残していったものだというが……。

フルーツバスケット公式サイトより

いよいよ別荘回きましたね。
帽子の伏線も少しだけ回収されます。

それにしても、紅葉はほんとにいつも突然だなぁ(笑)

帽子の少年

夏休みの宿題って、みなさんはいつ頃してましたか?
私は高校の時の宿題の量が半端なくて、
透のように途方に暮れた(?)ことが多々ありました。

なので由希のように優しく教えてくれるイケメンがいたら、
どんなによかったことでしょうか。

さて、そんな由希はずっと透の持っている帽子を気にしていましたね。

確かに透の持ち物にしては珍しいので、
気になる気持ちもわからなくはありませんが、
それだけではないご様子な表情と、声色。

私はこの伏線を知った時、
すごすぎる……と、感動したので、
ぜひアニメ派の方も楽しみにしていて欲しいです。

透をよく見すぎな夾

透のお尻アップに全私が驚きましたですよ。

まさかのアップでしたね…
しかも妙にリアリティが(笑)

作画のこだわりを感じました。

透の水着を選びに行くエピソードがなかったのは、
ちょっと残念ではありますが、

やはり全部入れ込むと尺的にね…
致し方なし。


そしてなんと言っても、夾の洞察力ですね。
いや、透のことだからこそなんですけど、
それがまた良いんですよ。はい。

あんなに笑顔で普段どおりに見えるのに、
夾には元気がないと解る。

以外のなにものでもないですね。

由希の作画が神でした

6話は作画がとても綺麗な箇所が多かった印象なのですが、
とくにこの由希!!!

大変美し格好よく、そして微熱で少し掠れ声な演技が
最高すぎて、夾派なのにぐわんっ!と揺れたことをお許し願いたい。

スポンサードリンク

フルーツバスケット2ndシーズン6話感想: まとめ

最後の紫呉が本当に黒すぎて、
最初は紫呉が黒幕なんじゃ?と疑っていました。

お蔭さまで慊人が来ますよ、別荘に。
大波乱の予感しかないじゃあないですか。

本当、あーやの言うとおりだ・・・。

ほのぼのしていたかと思うと、
シリアスを突然ぶち込んでくるフルバ。

もうほんと勘弁してください(褒め言葉)

それでは、ここまでお読みくださりありがとうございました!!
7話は慊人来るぞ、どーすんの!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました