ハイキュー!!ベストエピソード結果!1位はどのエピソード!?

漫画・アニメ

今年もまた、ハイキュー!!ベストエピソード結果発表の時期がやってきましたね!

ファンとしてはエピソードに順位など付けられませんが、ハイキュー!!の名場面を振り返るいい機会ですので、結果についてまとめていきますね。

あなたの大好きなシーンは、入っているでしょうか・・・?

それでは、お楽しみください!

スポンサードリンク

ハイキュー!!ベストエピソード結果

さて、ここからはハイキュー!!ベストエピソードの結果を発表していきます。

第10位から順に見ていきましょう!

第10位:『ハイキュー!!』第20話「及川徹は天才ではない」

この回は、もうタイトルからして秀逸ですよね。

及川さんの魅力は「天才ではない」という自覚を持ちつつ、メンバーの良さを最大限に発揮させられるところかと思います。

普段はいじられキャラ要素が強いですが、いるだけで安定感が違うというか…影山くんとは違うタイプのセッターであることは間違いありません。

そもそも烏野高校と青葉城西学園のコンセプトも違いますし、それも良く分かる回だと思います。

第9位:『ハイキュー!!セカンドシーズン』第9話「VS”傘”」

日向が3枚ブロックとの新しい戦い方を知る回ですね。

赤葦推しの筆者は、たまにひょっこり現れる赤葦に狂喜乱舞していた記憶です(笑)

日向の戦い方の方向性が見えたということで、物語の中の立ち位置としても非常に重要な回ですし、それを教えるのが木兎さんというのがまた良いんですよね…!

第8位:『ハイキュー!!セカンドシーズン』第10話「歯車」

日向と影山の新・変人速攻が決まった回ですね。

これは8位でも低すぎるくらいだと思いますね。

2人の衝突やぎくしゃく、そして努力の先にあるこのエピソードですから。

そしてこの回、作画も神ですのでぜひ視聴していただければと思います。

第7位:『ハイキュー!!烏野高校VS白鳥沢学園高校』第8話「嫌な男」

「バレーは常に前を向くスポーツだ」という名言も生まれた回ですね。

田中一成さんについて嘆く声も多かったですね。

このシーンに込められた熱量は、これから先もずっと自分の根底に残りそうだなと筆者も思います。

第6位:『ハイキュー!!』第24話「脱・”孤独の王様”」

影山が、試合を通して過去を乗り越えるこちらのエピソードが第6位です!

影山の中でネックになっていた「孤独な王様」という言葉。

しかも試合相手はかつてのクラスメートということで、影山にとって意味のある戦いであったと思います。

のちに日向が、かつて憧れた「小さな巨人」と再会を果たしますが、その時の影山の反応はこのエピソードがあったからこそのものかなと思います。

気になる方は原作をご覧ください!

第5位:『ハイキュー!!セカンドシーズン』第22話「元・根性無しの戦い」

山口いいいいいい!

もう…この回は絶対入ると思いました…

サーブが入った後の月島の反応も良いですよね。

山口の努力をずっと見てきたからこそ言えることですし、山口も自分の努力を月島が見てくれていたことを知ってのあの表情ですし。

エモいですね…(笑)

第4位:『ハイキュー!!セカンドシーズン』第8話「幻覚ヒーロー」

筆者的には、このエピソードがナンバーワンのオンリーワンです。

月島のような思考って、本当によく分かるからです。

プライドという言葉、今までは悪い意味でとらえていました。ですので月島の言っていることに対してその言葉で返した山口が、とってもカッコよく見えました。

たまにこのエピソードを読んで、自分のプライドをかけたいものを考えたりもしますね。

第3位:『ハイキュー!!烏野高校VS白鳥沢学園高校』    第10話「コンセプトの戦い」

第3期の山場ですね…!!息をするのも忘れてしまうほどの名作画、名シーンだと思います!

コンセプトが確立している2校のぶつかり合いということで、どちらのチームにも勝ってほしいと思ってしまう演出でした。

また、この試合は烏野の成長ぶりも見ることのできる回です。票が割れるかと思いきやしっかり集まりましたね…さすがのエピソードです。

第2位:『ハイキュー!!セカンドシーズン』第24話「極限スイッチ」

この映像本当に良いところで切りますよね(笑)

及川さんと岩泉のこのシーンは、試合としても見どころたっぷりですが、「才能」や「センス」についての言及もあったことで票数が上がったのではないかと思います。

多くの人は、自分に「才能」や「センス」があるとは思いません。

だからこそ、及川の言葉に勇気をもらった人も多いのではないかと思います。

筆者もこのシーンを見返して、センスは磨き続けるものだというセリフにグッと来ましたね…。

第1位:『ハイキュー!!烏野高校VS白鳥沢学園高校』第4話「月の輪」

第3位と票が割れるかと思いきや堂々の1位でしたね…!

ここで主人公のエピソードが来ないあたりがハイキュー!!の魅力を体現していると思います。

主役以外のキャラクターも丁寧に描かれているんですよね。

月島は頭脳派キャラに見せかけてジャンプの王道パターンを走る面白いキャラクターですし、共感できた読者も多かったのではないでしょうか。

スポンサードリンク

ハイキュー!!ベストエピソード結果:まとめ

さて、ハイキュー!!ベストエピソードの結果について見ていきましたが…

お気に入りのエピソードは入っていましたか?

思ったより日向と影山のエピソードは少なかったですね。

ハイキュー!!のランキングらしいなと思います。

もし来年も開催されるのならば、更に順位が入り乱れそうですね…楽しみです。

それではここまでお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました