ハイキュー!!4期1話感想【日向、合宿へ強制参加!?】

2020年1月新番組(冬アニメ)

ハイキュー!!4期1話がとうとう放送されましたね!

原作漫画は最終章を迎えた「ハイキュー!!」ですが、アニメハイキュー!!3期では春高予選までが放送されましたね。

強化合宿編から始まるアニメハイキュー!!4期1話ですが、いったいどのようなストーリーになっているのでしょうか。

今回は、ハイキュー!!4期1話のあらすじや感想をお届けします!

スポンサードリンク

アニメハイキュー!!4期1話:あらすじについて

まずはハイキュー!!4期1話「自己紹介」のあらすじを見ていきましょう。

ハイキュー!!4期は、春高予選後の強化合宿編から始まります。

以下、公式サイトからの抜粋です。

全国大会に向けて準備を進める烏野高校排球部に、影山の全日本ユース強化合宿招集の報せが舞い込んだ。
さらに月島にも宮城県1年生選抜強化合宿への招集がかかる。
合宿メンバーに選ばれなかった日向は、宮城県1年生選抜強化合宿に押しかけるも……!?

アニメ『ハイキュー!!』公式サイトより

どうやら、影山と月島はそれぞれ強化合宿に招集されたようですね。

日向は自身が招集されなかったことで焦りを感じます。

この「強化合宿編」があるからこそ日向は成長しますが、1話からもどかしい展開ですね…。

それでは、1話を見た感想を何点かお伝えします!

影山と日向のライバル構成

1つ目は、4期になっても揺るがない「日向と影山」の関係性。

ユース合宿に招集された影山は日向に向かって「先に行くぜ」と声をかけます。

その時の日向の悔しそうな顔と言ったら…(笑)

日向にとって影山は倒したいライバルで、それはずっとハイキュー!!の根幹にある部分なんですよね。

そしてそれは影山も同じです。

1話冒頭で最高到達点を計測しますが、日向を意識している描写がされていました。

この2人の関係性は、原作でもひしひしと伝わってくる部分で、胸アツです…!

月島、宮城疑似ユースへ!

2つ目の見どころはツッキーの疑似ユース招集ですね。

白鳥沢戦の時は盛り上がって見ていましたが、ツッキーは1年にしてレギュラー、しかもウシワカのスパイクを1回止めています。

そりゃあ注目されますよね…!!

そしてツッキー、ユースに行ったかと思えば、まさかの日向もいるという。

ツッキーが表情豊かで筆者は幸せです。(笑)

もちろん、ツッキーも日向を意識している1人。

この2人が疑似ユースを通してどう影響しあっていくのか…楽しみです!

日向の行動力と影響力

最後の項目は、日向についてです。

例えば、最高到達点をはかるときの烏野の面々の様子。

日向を競い合う相手として意識していることが良く分かります。

また、呼ばれなかった疑似ユースに単身乗り込む行動力…。

ユース開催者は条善寺高校の穴原先生たち。

穴原先生、日向好きですからまだ良かったのではないでしょうか。

実際問題ある行動でもありますが、日向なりの「あがき」がそこにはあって、それが日向の魅力なんだと感じます。

「ボール拾い」として合宿に参加できた日向がこれからどのように成長していくのか、楽しみに見ていきましょう!

スポンサードリンク

アニメハイキュー!!1話感想まとめ

さて、今回はアニメハイキュー!!の4期1話の感想をお届けしました。

これから日向と影山をはじめとする烏野の面々はどのように成長していくのか、見届けていきます!

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました!
次回第2話の感想もよろしくお願いいたします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました