【鬼滅の刃18話感想】しのぶの登場シーンが美しすぎる!

漫画・アニメ

前話は善逸大活躍の回でしたね!
ほぼ叫び倒しの善逸なので、ギャグ感も半端なかったですが、
本領発揮をしたときは、ものすごくかっこよかったですよね。

さて、今回はついに蜘蛛鬼の父が登場し、対決です。

はたして炭治郎たちは、勝てるのか―!?

スポンサードリンク

鬼滅の刃18話あらすじ

第18話「偽物の絆」

那田蜘蛛山の父鬼と対峙する炭治郎と伊之助。
応戦する炭治郎だったが、父鬼の怪力に吹き飛ばされてしまう。

川の近くに落下した炭治郎は、姉鬼を痛めつける鬼の少年・累と出会う。
恐怖と憎悪で結ばれた関係を「家族の絆」と呼ぶ累に、炭治郎は激怒する。

累と炭治郎の戦いが始まる。

スポンサードリンク

冒頭からしのぶ登場

「どなたか、お知り合いでもいましたか?」

し、しのぶさん……!!

突然ですが、私、本当に早見さんのお声が大好きでして…
鬼滅の刃の原作は未読でアニメから入った人間なのですが、
すでにしのぶさんラヴァーです。

「もう死んでるかもしれませんね」

う、美しいお顔とお声でさらりとすごいことを言うお方なのですね!(笑)

冨岡さんも櫻井さんなので、このペアは大変私得。
けれどもしのぶさんが「仲良くしましょうよ」と言うってことは、
普段はそこまで仲が良い方ではないんですかね?

スポンサードリンク

炭治郎&伊之助VS蜘蛛鬼の父

シーンは替わり、17話で突如現れた父鬼との対決!

「俺の家族に近づくなぁ!!」と、凄まじい鉄拳!!
すかさず炭治郎が技を繰り出しが―!?

と、ここでOPという素晴らしい入り。
相変わらずOPもクオリティが高い。綺麗。

OPがあけて炭治郎の技は、父鬼に効いておらず、
まったく刃が通っていない!

伊之助も参戦しますが、同じく刃は通らず…
それにしてもこんなギザギザした特殊な刃なのに、
父鬼の体はどれだけ硬いんですかね…!?

父鬼は言語がアレという前情報がありましたが、
確かに「俺の家族に近づくな」しか言いません。

普通に聞けば家族想いなお父さんって感じしますが、
見た目は大事ですね……見た目で判断するなって、よく言われますけれど、
これは見た目で判断させて欲しい。

そしてBGMがいきなりかっこいい……!?
炭治郎がさらなる技を繰り出そうと、大きく深呼吸。

伊之助もそんな炭治郎に、「気配が変わった」と、はっと息を呑みます。

が、しかし。
大きく振りかぶられた大木に、炭治郎は遠くまで吹っ飛ばされてしまいました。

「そいつは十二鬼月だ。死ぬな」と叫ぶ炭治郎。
え、まさかの父鬼が十二鬼月!?

伊之助の頭上に影がさし、見上げると父鬼が…!
伊之助、大ピンチ―!!

というところで、またいいところでシーンが変わります。

スポンサードリンク

虫の息な善逸・そして美しき蝶現る

兄鬼と相打ちのようになっていた善逸。
上手く呼吸ができなくなっている、という虫の息状態…!

手足の感覚もなにもない。
絶体絶命すぎる、善逸。

そういえば、チュン太郎はどこに行ったんだ!?
前回どこかに飛び去ったまま…
助けを呼んでいると信じたい。

そんなこと思いながら観ていたら、
まさかの子蜘蛛(?)3匹に悲鳴をあげそうになりました…。
怖いんだよおお、顔が怖いんだよぉ。

あの、このカット要ります?(泣)

(禰豆子ちゃん、ごめん…)

ついに事切れそうになる善逸。
そこに誰かの「諦めるな」という声が―。

うっすらと目を開いた善逸。
そこに映ったのは、ひらひらと舞う蝶。

し、しのぶさんだぁああ~~~~~!!!
(下記画像左がこの時の登場シーン)

これ、善逸天使だと勘違いしませんか?
美しすぎやしませんか?

「もしも~し」って、可愛すぎませんか?

荒ぶる己を落ち着かせてくれたのは、
またもいいタイミングで変わるシーンでした。

累の恐怖・激怒する炭治郎

「水の呼吸、弐ノ型‘水車’」にて見事無事に着地をした炭治郎。
便利な技だな…なんて、思ってしまってごめんなさい。

そこへ突然の悲鳴が!

炭治郎がそっと悲鳴の方角に近づいて行くと、
そこには血を流し泣いている少女と、その少女を見下ろしている少年が…。

「何見てるの?見せ物じゃないんだけど」

って、バレバレなんか!!!

動じずに「何してるんだ、君たちは仲間なんじゃないのか?」と聞く炭治郎。

そんな炭治郎に対し少年=累は、「僕たちは家族。強い絆で結ばれているんだ」と言います。
家族……父鬼も言っていましたが、いったいなんなのか。

「強い絆で結ばれている者には、信頼の匂いがする。
だけどお前たちからは、恐怖と憎しみと嫌悪の匂いしかしない」

炭治郎の鼻、すごすぎる。
どんな匂いなんだろう。

偽物だ、という炭治郎の言葉にはっと反応をする姉鬼と、怒りを示す累。

©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable 鬼滅の刃アニメ公式サイト

そこへいきなり現れた鬼殺隊の男。
「こんなガキなら俺でもやれる」となんだか不穏な発言……

慌てる炭治郎の言葉を聞かず、安全に出世したいと言い放つ男。
これは完全にフラグだ。

案の定、むごいやられ方でした……。

そして累にもう一度言えと言われるがままに、
再び炭治郎は「お前の絆は偽物だ」と言い、累と対峙するのでした。

Aパート終わりは、父鬼に追い詰められた伊之助。
鬼滅の刃はカットの切り替えが絶妙ですね…!!

伊之助VS父鬼

Bパート開始は伊之助VS父鬼。
炭治郎が戻ってくる前持ちこたえる!という気持ちを、
自らなんじゃそりゃと突っ込む伊之助。

このちょっとしたギャグというか、
そういうのも欠かさないのですね、鬼滅の刃。

「だって俺、刀二本持ってるもん!」

伊之助はあれですね、アホの子で可愛いですね(笑)
見事その二本あった刀のおかげで、父鬼の腕を斬り落とすことに成功。

しかし、逃げ出す父鬼。
切れて追いかける伊之助。

炭治郎VS累

「さっき言ったことを取り消せば、一息で殺してあげるよ」

取り消さなければズタズタ、一息では殺さない。
でも、取り消せば一息で殺してあげる。

どっちも嫌だ…。

しかし炭治郎は果敢にも「取り消さない」とはっきりと言います。

炭治郎、お兄ちゃんだもんなぁ…

ふたたび伊之助VS父鬼

18話は二手にわかれていることによって、
(善逸入れると三手)
シーンの入れ替わりが激しい…!

けれども自然なのが、すごいですよね。
演出さんなどのお力なのでしょうか。

すごいと言えば、伊之助の探知能力。
炭治郎の鼻のような特殊能力ですが、
これは前にも言われていましたが、某念のようなやつ…!

伊之助のすぐ頭上にいた父鬼。
自分に恐れて震えているのかと、余裕しゃくしゃくな伊之助。

その時、父鬼の様子が一変!
だ、第二形態にでもなるつもりなのか!?

「だっ脱皮しやがった!!?」

まさかの脱皮をした父鬼。
その巨体に思わず戦意喪失してしまう伊之助。

刀を下ろした伊之助は、死を覚悟する。

―死ぬな!

―どのような時でも、誇り高く生きてくださいませ。ご武運を。

ふと思い出す、言葉たち。

絶対に負けないと奮い立たされる伊之助でしたが、
父鬼の素早さに追いつくことができず、あっという間に殴り飛ばされてしまいました。

技を繰り出すも、刀が折れてしまい…!?

父鬼に今にも頭を握り潰されそうになる伊之助。
ごめんね、伊之助と繰り返す女性と炭治郎、善逸の走馬灯。

この女性は、伊之助のお母さん…?

イノシシの被り物から溢れ出す血の量に、
まさかここで伊之助は……と、冷やりとしたその時!

颯爽とやってきて、あっという間に父鬼の腕を斬り落とした・・・!!

と、冨岡さんだぁああ~~!!(デジャヴ)

あまりの美しさと、強さに、静かに拍手。

終わりに

18話はとにかく、しのぶさんと冨岡さんが美しい回でしたね…!!

しかし、ラスト。
まさかの炭治郎の刀が折れ、累の放った蜘蛛の糸が…!?
どうなる炭治郎!本当にいいところで終わりすぎだ!

約30分が本当にあっという間です。
次週19話も見逃せませんね。

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました