【鬼滅の刃24話感想】胡蝶しのぶの夢と過酷すぎる機能訓練!?

漫画・アニメ

蟲柱である胡蝶しのぶさんの屋敷で治療を受けることになった炭治郎たち。
無事に全員集合できたところで前話は終わりました。

さて今回の24話は、ある程度の治療を終えた炭治郎と伊之助が、
機能回復訓練を始める回だそうです。

機能回復訓練ということは、そのまま体の機能とかを回復する訓練ってことでしょうか?
なにやらあの炭治郎の心もへし折られるだとか!?
いったいどんな訓練なのでしょうか…!

スポンサードリンク

鬼滅の刃24話あらすじ

第24話「機能回復訓練」

傷ついた炭治郎と善逸、伊之助は蟲柱・胡蝶しのぶの屋敷で治療を受けることになった。
二週間後――炭治郎と伊之助は機能回復訓練を始める。

だが、その訓練は過酷であり、炭治郎たちの心はへし折られてしまう。
その厳しさも知らず、遅れて訓練に参加した善逸は、女の子を前にしてひと際やる気を見せるが――。

※アニメ鬼滅の刃公式サイトより

スポンサードリンク

機能回復訓練

超屋敷にて那田蜘蛛山で負った傷を治療した炭治郎たちは、機能回復訓練を受けることに。
鈍った身体を元の身体に戻すことはもちろんですが、それ以上に鍛えられそうなこの訓練の内容は…

きよ・すみ・なほによる柔軟

3人娘による柔軟は、凝り固まった身体をほぐしてくれます。
しかし3人によるがんじがらめな柔軟は、はたから見ると技かけに……
あまりの痛さに炭治郎は絶叫というよりも、死んだ顔をしていました。

それでも容赦なく3人は技―…いえ、柔軟のために炭治郎たちの身体をほぐします。

カナヲとの反射訓練

反射の勘を取り戻すための訓練。
湯飲みに入った薬湯を、相手に手を抑えられないようにしながら、
相手にぶっかけるという、なんとも言えない訓練。

炭治郎たちはカナヲに手も足も出ず…。
これまた容赦なく薬湯をぶっかけていくカナヲ。

無表情なのに口元が少しだけ笑っているので、ちょっと怖い。

カナヲとアオイと追いかけっこ

これも反射だったり、スピードの訓練でしょうか。
単純にカナヲとアオイを捕まえればいいだけなのですが、
同じくカナヲに敵わない炭治郎たち。

ボロボロになっていく炭治郎たちの心……
ついに伊之助はぽっきりと折れてしまいます。

善逸はどこまでも善逸だったけど…

そんな過酷な機能回復訓練に、最初だけついていっていたのは善逸。

女の子と触れ合えるんだぞ!!ということで、
ボロボロになっていた炭治郎と伊之助にブチ切れていた善逸は、
最初のうちは柔軟も反射訓練も追いかけっこも順調にこなしていたかのように見えました。

が……結局カナヲという壁にぶち当たり、俺は頑張った…と、心折れていきます。

スポンサードリンク

全集中の呼吸

伊之助と善逸がリタイアしてしまった中、
炭治郎はひとりでどうすればいいのか悩みます。

そこへ、きよ・すみ・なほがやってきて、
あるアドバイスをくれるのですが、それがもうとんでもなかった。

常に全集中の呼吸をしろ、と。

寝ている時も四六時中。
そして肺活量を鍛えろ、と。

少なくても炭治郎が敵わないカナヲは、ひょうたんを割れる、と。

3人が持ってきたひょうたんは、身の丈ほどある巨大なひょうたん。
これを息を吹き込んで割るとか、いったいどんな肺活量をしてるの…?

スポンサードリンク

胡蝶しのぶの夢

夜。全集中の呼吸をひとり頑張っている炭治郎の元へしのぶさんが舞い降りました。
そこでしのぶさんは、炭治郎に己の夢の話をします。

「鬼と仲良くする夢です」

まさかしのぶさんの夢が鬼と仲良くするだなんて思ってもおらず、
アニメ派の私は驚きました。

理由はお姉さんの夢だったから。
その夢をしのぶさんは必然的に継いでいたようですが、
少し疲れてしまったとのことで、炭治郎に託します。

でも、しのぶさんはそんな最愛のお姉さんを鬼に殺されています。
それなのに鬼と仲良くする夢を継ぐって、かなり苦しかったと思います。
そりゃあ疲れますよね。しんどい。

そしてしのぶさんは、炭治郎にこう言いました。

「炭治郎さん。頑張ってくださいね。どうか禰豆子さんを守り抜いてね。
自分の代わりに君が頑張ってくれてると思うと私は安心する。気持ちが楽になる。」

泣きますわ。

終わりに

今回もギャグとシリアスのバランスが絶妙な回でしたね。
鬼滅の刃はギャグとシリアスのバランスがいい印象。
たまにとんでもないギャグパートになりますが、それが不思議と苦じゃない。

元々しのぶさん推しでしたが、今回の夢のことでさらにしのぶさんが好きになりました。
これは人気出るの頷けますよね。

次回はタイトルからすると、カナヲが中心のお話になるのかな??
機能回復訓練では一言も発しなかった彼女ですが、いったいどんな子なんでしょうか!

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました