【鬼滅の刃考察】善逸は柱になれるのか?

漫画・アニメ

「善逸って普通に強いよね?」
「善逸の強さって柱に届く?」

こんな疑問を持った方がいるのではないでしょうか?

善逸といえば壱ノ型しか使えないポンコツとされていますが、壱ノ型を発展させ、普通に強い領域まで入っていると思われます。

でも柱になりそうな勢い。
そんな鬼滅の刃のビビり役、善逸の強さ、柱になれるかを考察をします!

スポンサードリンク

【鬼滅の刃考察】善逸は普通に強いけど柱になれる?

本当に善逸は強いのでしょうか?

善逸のプロフィール

●壱ノ型:我妻善逸

職業:鬼殺隊員
性格:臆病、キレるとヤバイタイプ
呼吸:雷の呼吸
育手:元雷柱 桑島慈悟郎

善逸は強い?実はすごいことをしている

初めから眠れば強いという印象を持っていました。
なので最初から強いイメージはいつていたのかも・・・。

では、実は強いことやっていることをご紹介していこうと思います。
そして、強い理由も添えていこうと思います。

善逸が強い仮説⓵

壱ノ型の基本です。でも善逸はそれ以外できないです。
よく基本が大事というように、基本をしっかり納め、極め抜いて日々精進している善逸が強くないわけないと思いませんか?

善逸が強い仮説⓶

本来壱ノ型は一撃必殺と私は考えております。
以前炭次郎が雷の呼吸壱ノ型を真似た時があって、その時に「負担ヤベェ・・・」みたいなことになっていたので、一撃必殺なのかな?と思っています。

そうすると、壱ノ型を6連撃とかその上の霹靂一閃はなんなのかと。
一撃でやばいのに何回一回に一撃やるのかと。

雷の呼吸は壱ノ型以外は牽制などに使うものだと思っていて、善逸は壱ノ型以外使えない分、壱ノ型でそれを補っているのではないかと。

そう考えたらしっかりと慈悟朗さんの「極め抜け」という教えを守り素直にすごいと思います。

善逸が強い仮説⓷

善逸が強いのもそうですし、壱ノ型以外牽制って考えているからかもしれませんが、壱ノ型が最強で最高の型なのではないかと思っております。

というのも雷をイメージした時って光がすごいですよね?
それって一瞬の出来事で、一発ズドンとあったり、ジグザグにズドンと落ちたりしますよね。

なんかどうも壱ノ型に似てるぞと思ったわけです。
雷すなわち壱ノ型が最高にコンセプトにマッチしていると考えたら壱ノ型が基本なのも頷けます。

最高の壱ノ型が、まさに雷の呼吸が目指す最高ではという考え方もできます。
なので、壱ノ型を極め抜いて日々精進している善逸は最強になる可能性、または柱になる可能性も秘めています。

スポンサードリンク

善逸は強さは柱に届くのか?

善逸は柱になれるのでしょうか?

そもそも柱ってどうやってなるの?

そもそも、鬼殺隊における最高クラス「柱」へなるための条件は以下の通りです。

「10段階ある階級を順々に出世する」「たくさん鬼を狩る」「とても強い鬼を狩る」の3つが条件になります。

なので善逸が柱になれるかどうかは、極論言ってしまえば「善逸の努力次第」になってしまうのですが、柱になりやすいルートというのもあります。

善逸が柱の継子になる可能性は?

「継子」とは、その名の通り「継ぐ=継承する子」という意味なのですが、柱によってはある一般隊士を弟子のような形でとり、直接指導するという場合があります。

柱が指導するという機会は、基本的に「柱稽古」しかないのですが、自分の柱の継承者として「継子」をとることはありそうです。

では、善逸が柱の継子になる可能性ですがそれなりにあると思われます。
理由としては、前音柱「宇髄天元」さんの継子になる可能性があるからです。

本当に継子にしたわけではないとは思いますが宇髄天元の使う「音の呼吸」は、宇髄天元オリジナルの呼吸でその大元は、善逸の使う「雷の呼吸」なんです。

現在は怪我のため柱、および鬼殺隊士としての現役を引退した宇髄天元さんですが、引退してある意味時間のある今だからこそ、継子をとる余裕も生まれ、善逸を柱の継子として取る可能性も十分考えられると思います!

善逸は柱になれる?

結論から言うと「届かない」と思います。
一回一回のタメが長く、獪岳の攻撃をモロ受けていました。

しかし一回で首を斬ったことを考えると、そこらへんのモブよりかは圧倒的に強いと思われます。

攻撃を軽くいなす技量と、居合の型からの咄嗟な回避。
この二つができた時、善逸はめっちゃ化けると思います。

なので、頑張れば、柱になる可能性も十分あると思います。

スポンサードリンク

【鬼滅の刃考察】柱に善逸はなれるのか?:まとめ

我妻善逸の強さについてご紹介してみました!
個人的にはこのような考察結果になりました。

善逸の力は強いが柱には届かない。
でも努力次第で柱になれる可能性あり。

がんばれ善逸!

コメント

タイトルとURLをコピーしました