【この音とまれ!24話感想】澪が奏でる正解を越えた音―!

2019年10月新番組(秋アニメ)

前回は王者姫坂の物語でしたね。

かずさや2年で一人出場オーディションに落ちてしまった穂積先輩の想いがふんだんに語られており、ライバル校とはいえ応援せざるを得ませんでした。

そんな次の演奏は邦楽祭で最優秀賞に選ばれた珀音高校。
いったいどんな演奏を聴かせてくれるのでしょうか―!?

スポンサードリンク

この音とまれ!24話感想:予告とあらすじについて

第24話「正解のその先」

【WEB限定】TVアニメ「この音とまれ!」#24「正解のその先」予告

原作から24話を予測したりもしてみたのですが、
あながち外れてはいないのではないかなぁ?と感じる予告動画でした。
(予告はいつも記事を書く際に観ます)

時瀬筝曲部の顧問、涼香ちゃんもとてもいい先生ですが、
珀音の山本先生も本当にいい先生ですよね。

先生って大事だよ……うん。

こんなこと言うのもなんですが、私は部活の顧問と折が合わないことばかりだったので、ちょっと羨ましく感じてしまいます(アニメ、漫画であっても)

邦楽祭では明陵と並ぶ最優秀賞に選ばれた澪たち珀音高校。
その曲を生み出したのは珀音の顧問、山本であった。

ひょんなことから箏曲の世界にのめり込んだ山本と、類まれな才能を持ちながら自分の音はつまらないと嫌い絶望すら感じている澪。

二人の出会いと交わした約束。

声と心を一つにして順番を待つ時瀬箏曲部の前で、ついに珀音高校の演奏が始まる。
澪が奏でる、正解を越えた音とは――。

TVアニメこの音とまれ!より

ふと思ったのですが、山本先生って作曲の知識とかあったのかな…?と。
それすらもあの理由だけで作ったとしたら、真の天才ですよね。

類まれな才能の持ち主である澪と、そんな先生がタッグを組んだら最強じゃあないか。
さぁ、正解を越えた音はどのように再現されるのでしょうか!

澪と山本先生の出会い

やはり珀音の物語のようですね…!

山本先生がどのようにして珀音の筝曲部の顧問になったのか?
そして、澪に出会い作曲をするようになったのか?

などなどが明かされていきました。

山本先生は箏のことはまったくわからないで顧問に任命されたわけなのですが、箏の楽譜を見るなりそこに数学を感じます

私は数学が大の苦手だったので、これって数学みたい!とキラキラわくわくできる山本先生がすごい。

そこから作曲をし出したっていきなり飛びますが、数学と同じだ!から作曲ってできちゃうものなの!?と驚きが隠せません。

なんだ、ただの天才か。って、なっちゃいます…。

しかし山本先生の作る曲は古典で、現代曲を好む部員には却下されてばかり。
と、そこで出会うのが澪。山本先生の作った曲をなんとなく棚にあったからって弾いていたんですね。

その音に感激する山本先生でしたが、肝心の澪は「自分の音はつまらない」と…。
澪には「音が視える」という才能があったんですね。

ゆえに正解がわかってしまい、音がつまらなくなる、と。

なんだか拗らせまくりな澪ですが、山本先生はそんな澪が弾ける曲を自分が作ると言うのでした。
(断られてたけど!笑)


けれども山本先生は、この予選が最後という衝撃的事実。

実家の旅館を継ぐために教師を辞めることにしたそうです。
珀音の負けられない理由が、ここにありましたね。

大人気堂島おばあさんからの時瀬筝曲部の円陣

珀音の演奏が始まる前に、さとわのお母さん(家元)と堂島氏の会話であったり、晶のお兄さんが来たりと役者が揃いましたね。

それにしても、みんな堂島のおばあさんのこと好きすぎませんか(笑)
Twitterとか見ていたら「ババァきたあああああ」とちょっと言葉はあれですが、大人気な様子が伺えて笑ってしまいました。


そうこうしているうちについに時瀬は舞台へ行く時間に。
それぞれ緊張がMAXになりつつある中、あのさとわの顔はいったい!?(笑)

(゚∀゚)みたいになってましたよね?


で、まさかのここで円陣だったので、あっ予想はずれたぁあ!と思ったのですが…

澪「あはははははは」

ついに珀音の演奏が始まります。

最初はやはり古典ぽくて地味な印象を与えてしまい、姫坂の演奏と比べられていましたが、演奏の途中で澪が覚醒!

宇宙が拡がり、澪も笑いが止まらなく・・・!?

あはははははは、あははははははって、そういう感じなの!?
ちょっとこれは怖い!(笑)

それでも周りはどんどん引き込まれていくという演出。

堅香子

まさに澪のために作られた曲だったんですね。
澪が正解を越えた音を弾くことができるための。

いやぁ~・・・すごかったな。

澪と山本先生の絆、魅せられましたね!

スポンサードリンク

この音とまれ!24話感想:まとめ

見事に珀音の物語だった24話。
澪の言うとおり、山本先生は太陽のような人ですよね。あとわんこっぽい!

原作からここで終わるんじゃないか?と予想していたのが外れて、くそぉ!と思ったのですが、まさかのエンディング後にあって、きたぁあああ!!ってなりました(笑)

そうだですよね、絶対そこで終わりますよね。

次はいよいよ時瀬です。

そして「天泣」

正座待機しかありませんね!!


それではここまでお読みくださりありがとうございました!
25話感想もよろしくお願いいたします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました