【ヴィンランド・サガ9話感想】トルケルさんというか大塚さんが楽しそう

漫画・アニメ

前話は青年になったトルフィンが、ついにアシェラッドと再決闘できたお話でした。
しかし・・・アシェラッドは強かった。
というよりも、まだトルフィンの心が幼かった。

こうなればまだ抜けられそうにないアシェラッド団。
どうなるトルフィン。どうしていく、トルフィン。

9話はあの人が大暴れな予感です!

スポンサードリンク

ヴィンランド・サガ9話あらすじ

TVアニメ「ヴィンランド・サガ」第9話「ロンドン橋の死闘」予告映像

西暦1013年10月、スヴェン大王は、デンマーク・ヴァイキング主力艦隊を率いてイングランド領地・ロンドン橋陥落を目論む。
デンマーク軍に雇われたアシェラッド兵団もその中にあった。

圧倒的戦力を誇る「のっぽのトルケル」がイングランド側に寝返ったことにより、
ロンドン橋は難攻不落の要塞と化し、戦況は停滞を余儀なくされていた。

トルケルの首をとってくれば決闘をしてやるとアシェラッドに言いくるめられ、トルフィンは単身敵軍に乗り込む。

ヴィンランド・サガ アニメ公式サイトより

スポンサードリンク

戦闘を無邪気に楽しむトルケル

ついにきました、トルケルさん!!
声優があの大塚さんということで、本当に楽しみにしておりました。
案の定最の高すぎましたね!!?

あんなに図体でかいのにかわいい。無邪気。なんなんだ。
こんなにおっさん萌えするとは思いもしませんでした。

まるで少年のようなトルケルさんを見事に演じていた大塚さんご自身も、
本当に楽しんでアフレコしているご様子が目に浮かびました。

トルケルさんは「のっぽのトルケル」と呼ばれているだけあり、
めちゃくちゃ背が高い。大きい。とにかく大きい。
まわりの人たちが小人みたい。いや、トルケルさんが巨人なのか。

明らかに重そうな大岩も軽々持ち上げて投げるし、
丸太も「丸太落とし」とかネーミングそのままで落とすし、
ほんとにかわいいな!?この人!!

トルケルの声優「大塚明夫」

生年月日1959年11月24日 59歳
事務所マウスプロモーション
活動期間1988年~現在に至る
代表作「ブラック・ジャック」ブラック・ジャック役
「ジョジョの奇妙な冒険」ワムウ役
「メタルギア・ソリッド」ソリッド・スネーク役

大塚さんといえば、スネーク!!
な、私なのですが、それでも代表作を選ぶのに苦戦いたしました。
それほど名のある多くの役を演じていらっしゃり、多くの人に知られている大御所声優です。

とにかく渋く、かっこいいおじ様といえば「大塚明夫」
今回のトルケルさんの声も本当に合っていましたね…!

無邪気で戦闘大好きなトルケルさん、もとい大塚さんの活躍が楽しみです♪

スポンサードリンク

トルフィンVSトルケルのバトルシーンが熱い!

バトルシーンが熱すぎましたね

スピード感あふれる演出に、迫力のある作画。
トルフィンとトルケルさんの差がよく表されていました。

あれかな。
トルフィンはスピード勝負派でトルケルさんは力勝負派。
互角だったらいったいどちらが有利なんでしょう?

今は圧倒的にトルケルさんのほうが強いですから、
トルフィンも多少は力もつけていかないと勝てそうにないですよね。
(そういえば、トールズも力勝負派だったよな)

最後の最後でトルケルさんの指がなくなっちゃってるのが、
おうふ・・・となりましたが、それでも元気いっぱいなトルケルさん。
楽しそうに、トルフィンを見送るトルケルさん。

かわいいなぁ!!?
もうそれしか今回は言ってない気がします。

昔、トールズと一緒に戦ってたんですよね??
1話の冒頭しかありませんでしたけど、どうだったのかな。

スポンサードリンク

終わりに

ヴィンランド・サガは基本とてもリアルな物語ですが、
トルケルさんは漫画・アニメならではのキャラクターですよね。
そのおかげで少しだけ心がほぐれたのですが、ものの見事にトルフィンの言葉で打ち砕かれました(笑)

そうだよね…トルフィンにとっての戦いは、お父さんであるトールズの仇を取るため、
そしてアシェラッドへの復讐のためだもんね…。

すごい抜群なバランスですね。
10話からもどうなっていくのか、楽しみです。

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました