【ヴィンランド・サガ12話感想】クヌート王子は男?女?どっち?

漫画・アニメ

前話ではクヌート王子の素顔があきらかになったわけですが、
どこからどう見ても美少女で、実は王女なんじゃ…という疑いが私の中で残りました。

今回はトルケル軍から逃げながら進軍するアシェラッド兵団のお話のようですが、
クヌート王子の性別ははっきりとわかるのでしょうか?

スポンサードリンク

ヴィンランド・サガ12話あらすじ

第12話「対岸の国」

TVアニメ「ヴィンランド・サガ」第12話「対岸の国」予告映像

追ってくるトルケル軍から逃げ、進軍するアシェラッド兵団だったが、
セヴァーン川にて一時足を止めていた。

川の渡し舟の老人に手紙を託したアシェラッドは、大至急向こう岸へと運ぶよう伝える。
老人は手紙の届け先を聞き、直ちに船を漕いでいく…。

ヴィンランド・サガ アニメ公式サイトより

スポンサードリンク

クヌート王子が喋った!?

ク、ク、ク、クヌート王子が喋ったーーーー!!!
思いっきり王子(男)だったーーーー!!!
というわけで、本当に王子でした。美少年なだけだった。
変に勘ぐってしまいました(笑)

それにしても、この王子…大丈夫なのでしょうか。
トルフィンにメンチきられて、びびってラグナルの後ろに隠れちゃってましたが。
喋ったと言ってもほんと少しでしたし、肝心な会話はしないし。

トルフィンと同い年ということで、気が合うでしょうと護衛につけさせてましたが、
いやいやいや、どっからどう見ても無理でしょうよ!(笑)
わざとかな?わざとだよね、アシェラッドさん(笑)

スポンサードリンク

アシェラッドのバックボーンが見え隠れしてきた

今回の話でウェールズとの繋がりがわかったアシェラッドさん。
舟渡しのおじいさんが、アシェラッドさんの訛りを指摘していたことから、
アシェラッドさんの出自も見え隠れしてきましたね。めっちゃヒントだった。

援軍に呼んだ人たちとのこともそうですけれど、
やっぱりただ者ではないですよね。
荒くれ者のデーン人の手下たちとは、なんかありそうですし、
アシェラッドさんの過去が気になります。

最初は私もトルフィン目線で観ていたからなのか、
トールズの仇!という印象が強かったのですが、
ここ数話でグンといい方向に印象が変わってきました。

なんだかんだでトルフィンのことも気にしていますし、
仲間想いっぽいですし(たぶん)うん、面倒見もいいと思うんだ。
そして頭もキレて、考え方も大人。
え、めっちゃよくないですか、アシェラッドさん。

スポンサードリンク

トルケルは今回も可愛い

あまり出番のなかったトルケルさんですが、
相変わらず可愛かったですね。存在が可愛いわ。

アシェラッド兵団との距離をじわじわと詰めていたところで、
船で逃げられてしまい、残念がるどころか面白がるトルケルさん。

なにげにトルケルさんも頭いいですよね。
ただの戦闘バカではない。イイ。

ヴィンランド・サガは、素敵おじさまの宝庫だなあ!!?

終わりに

最後に出てきたおじいさん。
どっかで見覚えあるような…?と思っていたら、レイフさんだった!!
久しぶりすぎる登場でしたね。

あれからずっとトルフィンのことを探し続けていたんですね…(涙)
だから女の子だったけど、トルフィンに似た奴隷を見てハッとしたんですよね。

トルフィンは<一応>元気ですよ!って伝えたい。

いやあ、また熱くなってきましたね。
終わりのトルフィンの不敵な笑み。
敵に囲まれ絶体絶命でしたが、どうなるのか!

次週も楽しみです!!
それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました