【ヴィンランド・サガ24話感想】最終話!トルフィンは故郷へ―!?

漫画・アニメ

前話はアシェラッドのまさかの誤算!?という回でした。
スヴェン王の話を聞いて、観ているほうもハラハラ。

一方のトルフィンはレイフに「故郷へ帰ろう」と説得されていたわけなのですが、今回で最終話を迎えるヴィンランド・サガ。

あっという間でした。
そんな最終24話の感想、参りたいと思います。

スポンサードリンク

ヴィンランド・サガ24話感想:予告とあらすじについて

第24話「END OF THE PROLOGUE」

TVアニメ「ヴィンランド・サガ」第24話「END OF THE PROLOGUE」予告映像

最後の最後でまさかの英語タイトル・・・!
か、かっこいい。

直訳で「プロローグの終わり」ですが、まさにここまでがプロローグだったとでもいうのでしょうか、ヴィンランド・サガは…!

とすると、壮大過ぎるプロローグですわな……

スヴェン王の御前へと進んだアシェラッドは、なんとかウェールズ侵攻を思いとどまらせようと言葉を重ねる。

同じ頃、レイフの説得に応じ故郷へ帰ることを決心したトルフィン。
しかし、船に乗る直前で目にしたのは一羽のアジサシが飛び立つところで…

ヴィンランド・サガ アニメ公式サイトより

そしてアシェラッドは、やはりウェールズ侵攻をなんとか止めようと奮闘するのですね。
お母さんの故郷だもんなぁ……。

で、トルフィンはレイフさんの説得に応じて故郷に帰ることを決心した、と。

ん??クヌートやアシェラッドはどうしたんだ??

自分をどう納得させたのか。
「ヴィンランド」がよっぽど効いたのでしょうか?

気になる中身を見ていきましょう!

★追記していきます★

コメント

タイトルとURLをコピーしました